具体的に面接を考える

10月 12, 2017 · Posted in · 具体的に面接を考える はコメントを受け付けていません。 

面接で良い印象を与えるためにいくつか注意することがあります。
とても基本的なことですが、履歴書などの必要な書類を忘れずに持っていき、指定場所の地図や電話番号などを確認しておくことが大切です。所定の時間に遅刻しないように時間に余裕をもって行きます。
面接では身だしなみも大事です。清潔感を感じるような服装をチョイスし、髪を整えておきましょう。
面接でよく聞かれることとして、前の職場を辞めた理由があります。雇用する側としては、採用しても同じ理由で退職する可能性がないかを知りたいのです。そのため、「知識やスキルを向上させるため」などの前向きな理由を述べるのが良いでしょう。「人間関係に問題があった」や「給与が安く悪い会社だった」などのネガティブなものや、会社の悪口などは避けたほうが良いでしょう。
面接では志望動機もよく聞かれる質問です。「資格取得の支援制度が充実していた」や「ケアマネージャーを目指している上で魅力的だった」などポジティブな返答で自分を上手にアピールすることが大事です。「家から近い場所にあった」や「給料が良かった」といった志望動機はあまり印象がよくないので避けるようにしましょう。
何か質問はありますか、と聞かれた場合、給料や休日のことばかり聞いていると印象が良くないので、研修制度の内容や頻度などを聞くとやる気と熱意を伝えることができます。仕事内容や施設についてなど、バランス良く質問することを心がけましょう。